スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:宇治のウトロ地区:住環境改善へ「検討協議会」発足 情報共有と課題認識 /京

福袋 四寿(よんじゅ)【送料無料】【期間限定】金蘭亀の世 福袋 四寿(よんじゅ)フォーエバ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000290-mailo-l26
 ◇国交省など
 多くの在日コリアンが土地所有権のないまま居住している宇治市伊勢田町のウトロ地区を巡り、国土交通省と近畿地方整備局、府、宇治市でつくる「ウトロ地区住環境改善検討協議会」が5日発足した。土地の所有形態は違うものの、ウトロとよく似た住環境にありながら公的住宅への集団移転が実現した兵庫県伊丹市の中村地区などを参考にしながら、住環境整備に向けての課題などを話し合う。【新宮達】
 協議会は、先月20日に山田啓二知事と久保田勇・宇治市長が冬柴鉄三国交相を訪れ、地区の住環境整備に向けた国の特別な支援を要望したことを受けて設置することで合意していた。





メンバーは、小田広昭・国交省住環境整備室長、西植博・近畿地方整備局建政部長、太田昇・府総務部長、川端修・宇治市副市長の4人で構成。この日、京都市内で非公開の初会合があり、実務担当者による幹事会を年内に開くことで合意した。
 会見した小田室長は「それぞれの知恵を持ち寄って検討することに意義がある。これまで類似地区の住環境整備に運用してきたノウハウや地方自治体が持っていない情報を提供しながら、ウトロの一日も早い解決につながれば」と話した。川端副市長は「情報を共有しあって何が課題かを認識することが大事」と強調した。
 また韓国政府が来年度予算案に支援金30億ウォン(約3億8000万円)を計上し、韓国国会で審議しているなどの動きについて、太田総務部長は「(支援金によって)住民が土地を所有することが確実になったことが大きい」と述べた...

ニュースの続きを読む



豊かな膨らみの香りと広がるコーヒー555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ブラジル・サ...





スポンサーサイト

2007年12月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:<コーニング>シャープの堺工場内にガラス基板工場新設へ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-芦屋・震災で半壊マンション 戦いの13年「復興」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。