スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-芦屋・震災で半壊マンション 戦いの13年「復興」

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000108-san-soci
 ■高齢者購入資金肩代わり 管理組合

 平成7年の阪神大震災で半壊し、再建方法が10年以上まとまらなかった兵庫県芦屋市翠ケ丘町の「翠ケ丘マンション」が今月9日、再建工事を終える。ローンが組めない高齢の被災者のために管理組合が購入資金を肩代わりするなど知恵を絞ったが、新たな住まいに戻る住民はわずか12世帯。「長かった。やっと元の住まいに戻れる」。来年1月17日で震災から13年。住民の生活の「復興」がようやく始まる。

 昭和41年に建設された同マンション(4階建て、48戸)は震災で壁にひびが入るなどし、半壊の被害を受けた。





しかし解体するか、建て替えるか、補修にとどめるかをめぐって住民総会での話し合いは毎度紛糾した。

 被害が半壊だったため、「まだ住める」との意見が出る一方、「再び地震が起こって倒壊したら誰が責任を取るのか」と、建て替えを強く求める声も。震災後の金銭面の不安も含め、それぞれの意見を尊重するあまり意見集約ができず、再建策は宙に浮いたまま時間だけが過ぎた。

 話が進み始めたきっかけは、平成15年に建物検査で判明した基礎部分の損傷。翌年、マンション管理組合理事長に就任した尼子尚造さん(61)=同県西宮市=が「再建の最後のチャンス」と決意。母親が住民だった縁で復旧対策委員長となった深見和男さん(79)=芦屋市=と二人三脚で住民の説得を始めた。

 尼子さんは芦屋育ちで、昭和52年に翠ケ丘マンションを購入...

ニュースの続きを読む



当社独自の技法【蒸らし焙煎珈琲】!!555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】六甲ブレンド...





スポンサーサイト

2007年12月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:宇治のウトロ地区:住環境改善へ「検討協議会」発足 情報共有と課題認識 /京 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新兵庫社会保険事務局 出張旅費を二重支給 通勤手当と重複区間分 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。