スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:奥山保全トラスト:クマ住める森に NPOが花背の天然林50ヘクタール購入 /京

【兵庫】藤の坊ぼたん鍋セット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000221-mailo-l26
 クマが生息できるような自然豊かな山林を購入し、人間と動物が共生できる環境保全に取り組んでいるNPO法人「奥山保全トラスト」(兵庫県西宮市、四元忠博理事長)が先月末、左京区花背の天然林50ヘクタールを購入した。同法人のトラスト地は全国で8カ所目となり、府内では右京区京北の山林(16ヘクタール)に次いで2カ所目。
 同法人は日本熊森協会(同、森山まり子会長)が、基金を募って山林を買い上げ保存・管理するナショナルトラスト運動部門を06年、独立させて発足。





富山、兵庫、静岡、福島各県などに計約1200ヘクタールの山林を持つ。
 今回購入したのは、琵琶湖グランドホテル(大津市)の関連会社が所有していた、鴨川源流の桑谷山(925メートル)の山頂付近。同協会によると、アスナロやヒノキなどの巨木が分布する天然林で、ツキノワグマのつめ跡や足跡などが確認されており、京北のトラスト地と共にクマの生息地だという。今後、同協会京都支部の約700人のメンバーが管理する。
 金森寿美子支部長は、「山の生態系の頂点に位置するクマが住める森があることは、最も豊かな自然が残っている証拠。トラスト地を増やし、永久にクマの森を受け継いでいきたい」と話している。【藤田文亮】

12月5日朝刊


たんじょうびのおくりもの





スポンサーサイト

2007年12月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:起業家大学制作 ラジオ番組『ビジネスプロフェッショナル』に プラネックスコミ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-鎮魂の光 「神戸ルミナリエ」に先立ち、一部を点灯 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。