スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県国の研修登山:遭難事故受け、再開の可否など話し合う 安全検討会が初会議 /富山

当社独自の技法555円からのスタート!!【蒸らし焙煎珈琲】キリマンジャロ・AA 500g コーヒー豆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000119-mailo-l16
 国が主催した研修登山中に大学生2人が死亡した北アルプス・大日岳の遭難事故を受け、文部科学省は安全検討会(座長=飯田年穂・明治大学教授)を発足させ、3日に第1回会議を富山市で開いた。研修は事故後は休止されており、再開の可否や条件を話し合って来年6月をめどに報告書をまとめる。
 事故は00年3月、文部省(当時)登山研修所が、山岳部などの大学生を対象に開いた冬山研修会で発生した。パーティーが大日岳の山頂付近で休憩中、足元の雪庇(せっぴ)が崩落し、研修生2人が死亡した。






 遺族が損害賠償を求めた訴訟では、今年7月に和解が成立。研修登山の検討会を発足させることが和解条項に盛り込まれた。
 委員は弁護士や気象研究家ら9人。この日は犠牲者に黙とうをささげ、樋口修資・同省スポーツ青少年局長が「事故の教訓を安全確保の方策に生かしたい」とあいさつ。委員からは、「装備を充実して早期に再開すべき」という意見のほか、「事故が再発すれば研修所の解体につながりかねない」と危ぶむ声も上がった。次回は東京で行い、6月までに5回程度、会議を開く。
 亡くなった溝上国秀さん(当時20歳)の母親、洋子さん(53)=兵庫県=も傍聴し、「休止になったままなのは、遺族としてもつらい。リスクをゼロに近付ける努力を尽くし、より良い形で再開してほしい」と期待を込めていた。【茶谷亮】

12月4日朝刊


当店独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ハワイ・コナ50...





スポンサーサイト

2007年12月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:霜で遅れ4万8千人に影響 兵庫三田のJR線 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:[FREESPOT] 10か所にアクセスポイントを追加 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。