スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:増やそう「海のゆりかご」 アマモ場造成事業(和歌山)

【当社独自の技法】!!1円オークション コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】マイルドブレンド100gコ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000001-agara-l30
 「海のゆりかご」と言われる海草のアマモ場を増やそうと、県は12月中に田辺市や漁協、NPO法人、企業が参加する「アマモ場造成事業協議会」を発足させ、来年2月に同市の内之浦湾内でアマモの種子を入れたシートを計約100平方メートル設置する。県は、2005年度から同湾でアマモ場造成に取り組み一定の効果を確認しており、アマモ場拡大に意欲をみせている。
 アマモは浅い海底の砂地に生え、群生地は魚などの生育の場になるほか、光合成で二酸化炭素を吸収し酸素を出すことから環境保全にも役立つとされる。昔は内之浦湾を含む田辺湾でも多く生えていたが減少し、現在は小面積のアマモ場が点在する状態。





県の調べ(2005年)では、内之浦で約数百平方メートル、滝内で約1ヘクタールあるという。
 県は、05年度から同湾でアマモ場造成に取り組んできた。初めての造成は06年3月で、ポットで育てたアマモの苗約380本を小学生らが15平方メートルに植えた。今年2月には、地元のNPO法人「内の浦湾を良くする会」に委託して、内之浦湾3カ所計30平方メートルで、約1万粒の種をヤシの繊維で挟んだシートに入れて設置した。
 市水産課によると、その後の調査で、最初に植えた苗はうまく生育していないが、今年植えた3カ所のうち、湾奥の干潟に設置したシートではよく育っており、内之浦湾内のシートでも生育が見られるという。
 今回は比較的生育がうまくいっているシートに種を入れて造成する方法で、約3万粒の種を植える予定...

ニュースの続きを読む



■『 店主が大切に自家焙煎した豆を真心込めてお届けしたい 』■1円オークション コーヒー限...





スポンサーサイト

2007年12月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-若虎よ井川になれ!…大先輩田宮氏、生え抜きにカツ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:難病克服、京都学生駅伝出場へ 京産大・三岡選手  >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。