スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:難病克服、京都学生駅伝出場へ 京産大・三岡選手 

年末にお正月用として限定生産する大人気商品です。ほんのりと自然の甘さがうれしい!年末限定...
 2日、京都市の洛北コースで行われる京都学生駅伝に、京都産業大の三岡大樹選手(18)=1年=が難病のネフローゼ症候群を乗り越えて出場する。
 2月に発症したが、療養生活で症状が収まって練習を再開し、先輩たちの励ましに支えられ強豪校のメンバー入りを果たした。「落ち込んだときは声を掛けてもらえた」とチームメートへの感謝を胸に力走する。
 兵庫県立西宮高で長距離に取り組んだ。5000メートルで14分53秒をマークするなど3年夏から活躍が目立ち始め、京産大陸上部の伊東輝雄監督(62)に誘われて入学を決めた。
 2月、入学前の練習に参加していたとき、目がむくみコンタクトレンズが入らなくなった。





検査の結果、腎臓機能が落ちるネフローゼ症候群と分かった。全身に強いむくみとだるさが出る病気で、再発すると難治性になる例も多く特定疾病に指定されている。
 入院して投薬を続け、厳しい食事制限と安静を守っていると症状が治まり、4月末に大学の陸上部の寮に戻った。医師には「運動は避けマネジャー程度がいい」と言われたが、陸上への思いは断ち切れなかった。
 まず朝の散歩を再開し、症状が完全に消えた9月に陸上部の練習に合流。当初は体力不足で付いて行けなかったが、休息を取りながら走っていると次第にチームの練習をこなせるようになり、5000メートルの自己最高記録もマークした。伊東監督は「長い間、本当によく辛抱した」と褒める。現在も薬を飲み毎月、経過を見るための通院を続ける...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



豊かな膨らみの香りと広がるコーヒー555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ブラジル・サ...





スポンサーサイト

2007年12月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:増やそう「海のゆりかご」 アマモ場造成事業(和歌山) | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:焼却炉談合 20億円返還命令支持 福岡高裁判決福岡市も違法 5社の談合を認 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。