スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-新聞と校長は、何かあると「命の大切さ」訴える『「死」の教科書』出版

★落札でポイント2倍★【訳あり】やわらかいいか天280g【広島県尾道産】形は不ぞろいです。オー...
 「命の大切さ」という言葉が嫌いである。新聞記事や見出しなどにもよく登場するので恐縮だが、自分の学校から自殺者が出たり、凶悪な少年犯罪が起きたりしたとき、校長先生が体育館に全校生徒を集めて言うアレだ。
 そんな薄っぺらな言葉で子供たちが納得するなら、そもそも問題など起きるわけがない。「命は大切」なんて、「馬から落馬」とか、「電球の球」とかの二重言葉に近いもので、何か言っているようで実は何も言っていない。要するに、子供たちの心に響く言葉を教育現場の大人たちが持っていないのだ。
 むろん、兵庫県加古川市の女児刺殺事件のように、何も抵抗できない7歳の子供を刃物で一突きにするような鬼畜には、どんな言葉も通用しないだろう。





こちらは成人の可能性が高いが、この犯人にしても、恐らく「命の大切さ」などという言葉は何百回と聞いてきたことだろう。
 筆者をはじめ大阪社会部の記者ら十数人で本紙朝刊1面(大阪発行版)に2005年4月から07年6月まで連載した企画「死を考える」が11月30日、扶桑社新書から出版された。
 タイトルは「『死』の教科書-なぜ人を殺してはいけないか」に改めた。「教科書」とは、ご大層な…と思う方もいるかもしれないが、その1ページ目には、あえてこんなメッセージを入れてみた。
 「新聞は、なにか事があると『命の大切さ』を訴える」
 「校長先生も、なにか事があると『命の大切さ』を訴える」
 そもそも新聞記者、中でも社会部記者などというものは、言葉は悪いが、「人の死」でメシを食っているような職業である...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



★落札するとポイント2倍!特大のうるめいわし丸干(一夜干し)[島根県産]《12匹入り》 【SA07...





スポンサーサイト

2007年12月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:日本の近代化支えた33設備・施設、「産業遺産群」に指定 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-「談合の立証困難」=住民側が逆転敗訴-ごみ焼却施設工事・大阪高裁 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。