スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:野口みずきがゲストランナー=神戸全日本女子ハーフマラソン

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
【PJ 2007年11月26日】- 11月25日、兵庫県神戸市で「2007神戸全日本女子ハーフマラソン大会」が行われた。この大会は今回で28回目の開催となる女子ロードレースの大会で、かつての優勝者の中には浅利純子(ダイハツ 93年シュツッツガルト世界陸上マラソン金メダル)、野口みずき(シスメックス アテネオリンピック金メダル)の名前がある。

 81年に行われた第一回大会は20キロレースとして開催されたのだが、01年よりハーフマラソンとして開催されている。また、大会のレベルも高く00年にはエスタ・ワンジロ(日立)が当時の20キロロードの世界最高記録を出している。また11月に開催されることもあって、冬のマラソン前の”調整レース”として出場する選手も少なくない。







 今回はメーンレースの女子ハーフマラソン陸連登録者の部、に男女それぞれの一般の部それとサポートレースの10キロの部の男女と合計5部門約2000人の参加があった。

モンビがレースを制する
 午前9時30分レースは神戸の複合都市「HAT神戸」をスタート、神戸市中心部を通りハーフマラソンは神戸港沿いの複合施設「ハーバーランド」10キロは「新川運河プロムナード」をゴール地点とするコースで争われる。女子ハーフマラソンはジュリアス・モンビ(アルゼアスリートクラブ)が大越一恵(ダイハツ)を接戦の上制し1時間9分45秒のタイムで優勝 2位には大越がは入り3位には神戸出身の加納由里(セカンドウィンドAC)が入った...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



★19年産新豆★丹波篠山産 春日大納言 1kg





スポンサーサイト

2007年12月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:特産品開発の課題探る 自立フォーラム | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-不二越、パートナー企業集め会合-来年の販売1000台に >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。