スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-通行料金がつくる大きな壁──明石海峡大橋

★税込3150円以上で送料無料★シリコン美肌フェイスマスク 1枚入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000008-omn-l28
 淡路島北部と兵庫県明石を結ぶ、明石海峡大橋が開通してから2008年で10周年を迎える。橋が開通する前、この海峡を渡るには、フェリーで約1時間。また、四国の東、徳島から神戸までは、自家用車でおよそ3時間近くかかっていた。だが、橋の開通で1時間半程度と、所要時間は約半分となった。

 先に開通した、徳島県鳴門市と淡路島を結ぶ大鳴門橋(おおなるときょう)と合わせ、明石海峡大橋の開通は、徳島県のみならず、京阪神との経済的結びつきを強めたい四国にとっての悲願だった。

 開通から間もないころは、珍しさや、京阪神への便利なアクセス手段として、多くのドライバーがこの橋を渡った。





もちろん流通面でも大きな進展があった。だが、あまりにも高い通行料金が、利用しやすさの面から見るとネックとなっている。

 鳴門インターチェンジから兵庫県の垂水インターチェンジまでが、普通車で4914円(ETC利用)。走行距離は80.2キロ。この金額は、庶民が気軽に払えるものではない。ましてや片道利用ということはあまりないわけだから、往復の金額が必要になる。

 名神高速道路の西宮インターチェンジから東名高速道路の用賀インターチェンジまでの通行料金は、普通車で1万0950円。走行距離は、約528.4キロだ。鳴門・垂水間より約6.5倍もの距離を走るにもかかわらず……。

 もちろん、橋の建設に莫大(ばくだい)な費用がかかったことが、通行料金が割高な理由ということは理解できるし、名神高速や東名高速のように開通から長年たった道路と比較すると、どうしても初期費用の回収といった面から差があるのは仕方ないとも分かる...

ニュースの続きを読む



大人気のふぐ刺しをe-fugu祭り特価でお届けしますそのまま食卓にどうぞ[e-fugu祭]長崎産とらふ...





スポンサーサイト

2007年11月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:天台烏薬入りせっけん:潤い、肌の奥まで 徐福協会が販売開始--新宮 /和歌山 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:セカンドライフ内に当社第一弾となる「STARTracker」SIMがオープン >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。