スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県74歳認知症男性が山陽道逆走、7人重軽傷

寺内タケシとブルージーンズ/日本民謡大百科(3)
 認知症の男性(74)が運転する軽乗用車が岡山県倉敷市の山陽自動車道を逆走し、これを避けようとしたワゴン車が中央分離帯に衝突、横転し、7人が重軽傷を負う事故が22日夜、起きた。軽乗用車は、何度も方向転換を繰り返して走行した末、パトカーに止められたが、車も男性も奇跡的に無傷だった。 事故が起きたのは22日午後8時50分ごろ。倉敷市矢部の山陽自動車道上り線で、7人乗りのワゴン車が逆走してきた軽乗用車を避けてバランスを崩し、中央分離帯に衝突、横転した。これにより、兵庫県尼崎市の左官の男性(43)が首を打って重傷、運転していた男性(24)ら6人が軽傷を負った。





ワゴン車は倉敷市の工事現場から帰る途中だった。 問題の軽乗用車は、事故現場からさらに約8キロ逆走した地点でパトカーに止められた。県警高速隊は自動車運転過失傷害容疑で軽乗用車を運転していた広島県福山市の会社役員の男性(74)から事情を聞いているが、聴取ははかどっていない。 なぜなら、この男性は重度の認知症で、家族によると通院中だという。この日は、乗用車で近くまで出たまま行方が分からなくなり、家族が捜索願を出していた。 軽乗用車は、午後8時ごろ、福山東インターチェンジから上り線に入った。男性は道に迷い、誤って山陽道に入ったと見られる。事故の約15分前に現場より手前の上り線で車が逆走していると通報があった。逆走した後、一度正しい方向に戻り、再び逆走したとみられる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



共同購入「全日本ラーメンセット16食」【送料無料】





スポンサーサイト

2007年11月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:<遭難>ハイキングの9人救助 保津峡で道迷う 京都 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:ソフトB大西は来月の結婚を報告 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。