スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-注意!悪徳獣医はこんな人~葬儀編

e-fuguの日限定タイムセール大人気のふぐ刺しを1人前セットにしました!そのまま、食卓にどうぞ...
悪徳獣医編の第2弾はペットの葬儀について。

まず、知ってもらいたいのは安楽死ということです。
安楽死とは、やむをえず治療を中断せざるを得ない場合に、麻酔薬を通常の何倍も投与することで、心臓の動きを止める事です。
よく、保健所の犬猫処分などで、「安楽死」をすると思われがちですが、あれはガス処分。大量の一酸化炭素の中に放置する、いわゆる窒息死をさせるというものです。

そしてこの安楽死にも悪徳獣医の罠がしかけられています。
その実例がこちらです。

兵庫県に住むKさんの猫は、胃がんと診断されました。そして手術の前に獣医は、

「手術しても成功率は20%です。





それでもしますか?」

と言いました。ワラにもすがる思いのKさんは可能性に賭ける事にしました。しかし、その猫は手術中にあっけなく死にました。
手術の際に、ワザと成功率を低く言って、失敗した時の予防線にすることはよくあるそうです。
また、延命が可能な場合であっても、安楽死をすすめる獣医もいます。それは動物病院の裏に潜む、「葬儀業者」の為なのです。

さらに、問題はここからです・・・。

死んだペットの飼い主からもお金をまきあげようとする病院があります。つまり、葬儀業者とグルになっている獣医もいるということだ。
悪徳獣医は神妙な顔つきで、Kさんに向かって
「もしよかったら、手厚く供養もしてくれる葬儀屋がいるので紹介しましょうか?」
と、優しく声をかけてきました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



送料・代引手数料無料日田天領水 10L×2箱 1セット(近畿・四国地方)





スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県新人王の阪神上園2000万円アップ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新丹後ちりめんの始祖 絹屋佐平治 宮津の元教諭ら 紙芝居作り上演 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。