スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-住友信託銀、新社長に常蔭氏 森田社長は健康不安で退任

小鼓 路上有花 720ml
 住友信託銀行は26日の取締役会で、森田豊社長(64)が退任し、常蔭(つねかげ)均常務(53)が後任社長に昇格する人事を決定したと発表した。来年1月4日付で就任する。森田社長の退任は健康上の不安が理由。退任後は特別顧問に就く。常蔭氏は企画畑が長く、証券業務部長や企画部長などを歴任した。
 常蔭氏は同日開いた会見で「攻めの経営を進めてきた森田社長の路線を引き継ぎ、高品質の信託銀行を目指したい」と抱負を述べた。
 森田社長は平成17年6月の株主総会後に社長に就任。不動産担保ローンのファーストクレジットや住宅ローンのライフ住宅ローンの買収、SBIホールディングスとの合弁によるインターネット専業銀行の設立、あおぞら銀行との包括的な業務提携など、提携・M&A(合併・買収)戦略を積極的に進めてきた。






 今回の退任は、体調を崩し、治療に専念するためで、常蔭氏と高橋温会長には今月中旬ごろ、退任の意向が伝えられたという。
 高橋会長は「揺るぎなない指導力を発揮した森田社長が去るのは当グループにとり損失。断腸の思いだが、健康維持には代えられない」と心境を吐露した。
 常蔭氏の後任社長昇格も森田社長が常蔭氏本人と高橋会長に要請したという。高橋会長は「良い案だと即了承した。取締役会でも全会一致で決まった」と説明した。
 常蔭次期社長は今後のM&A戦略について「足らざるところ補うM&Aは前向きに進める。信託らしさの出る分野に関心がある」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



【薬用入浴剤】湯沢・有馬・道後・由布院「旅の宿」しっとり湯シリーズパック(13包)★¥3,000以...





スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:インフルエンザ、北海道と関東で拡大 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:オシャレな海外スターといえば、やっぱりアノ人!? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。