スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:JR脱線事故の遺族、補償交渉で新組織設立へ

激安オークション!送料無料!【2本セット】オーナーが求めるハイレベルのドライビング性能と静...
 乗客106人が犠牲になった兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、JR西日本との補償交渉を集団で進めようと、遺族らが25日、兵庫県伊丹市内で、新団体の設立準備会を開いた。来春をめどに発足し、集団交渉を始めるという。航空・鉄道事故の遺族が、補償問題に限った団体を結成するのは異例。

 この日は、参加を呼びかけた約70遺族のうち、30遺族45人が出席。支援弁護士が、JR西が示している一般的な人身事故の損害賠償は、犠牲者が将来得ることができた収入にあたる逸失利益▽慰謝料▽葬儀関係費用-の3点からなることなどを説明した。

 集団交渉は、「犠牲者のかけがえのない命」や「事故によって崩壊した家族の立ち直り」を考慮したうえで新たな賠償基準を設けさせるほか、JR西に社会的責任を果たさせるための基金創設を求めることが目的。





一部遺族らが10月中旬から設立を呼びかけていた。

 同事故の被害者補償をめぐっては、JR西が「100%責任がある」と認め、従来の国内の人身事故の基準以上の補償をする方針を提示。個別交渉を行っているが、遺族間では、公共交通の鉄道の事故を交通事故と同列に扱うことへの不満が根強く、大多数と示談が成立していない。

 新団体設立には、現在までに全遺族の3割強が賛同。呼びかけ人の一人で、妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(65)=同県宝塚市=は「JR西に社会的な責任を果たさせるような新たな基準を考えたい」と話した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



新作、レトロ花柄ウール婚ワンピース(ピンク)





スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:福知山線脱線、遺族が集団でJR西と補償交渉へ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県◎河野天元が勝ち2勝1敗に=第33期天元戦五番勝負第3局・囲碁 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。