スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-桧山が来季右翼レギュラー奪回に意欲

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000016-dal-base
 阪神・桧山進次郎外野手(38)が24日、来季の右翼レギュラー奪回に強い意欲を見せた。林、桜井らの故障もあり、混迷を極める争いに「守って打つのが一番」と今季の代打専門からの脱却に闘志を燃やした。桧山はこの日、兵庫県宝塚市上佐曽利のレジャー施設「DASH村」で、関本とともにちびっ子ファンを対象とした交流イベントを開催。芋掘り、しいたけ狩りなどで触れ合いを楽しんだ。
 2年間の雌伏。しかしそれが決して“斜陽”ではないことを、桧山は信じている。生え抜き最古参は、右翼レギュラー奪回への強い思いを口にした。
 「守って打ってというのが一番だからね」
 今季は85試合に出場した桧山だが、その大半は代打での出場。





右翼スタメンでの出場はわずか4試合にとどまった。06年から色濃くなり始めた代打専門のイメージ。しかし、もちろん現状に甘んじるつもりはない。今季右翼スタメンを分け合う形となった浜中、林、桜井とともに来季のレギュラーが確約されていない状況。とりわけ林、桜井は故障中で、復活のメドが立っていないという背景もある。来季39歳となる桧山だが体調は万全。若手、中堅とのレギュラー争いでも互角以上に戦えるという手応えがある。
 12月中は国内でトレーニングを行い、年明けからは例年通りグアムで浅井と自主トレを行う。打撃面だけの準備をするつもりはない。2月のキャンプインまでに攻守において万全の状態を作り上げ、右翼レギュラー争いに参戦するつもりだ...

ニュースの続きを読む



新作、中綿キルトトレンチコート(ブラック)





スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県国内650キロを行き来した野生コウノトリ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新旬の食材使い料理勉強会 南区 起業セミナー修了生ら交流 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。