スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県ペットのスッポン 食べちゃダメ

朝揚げ直送!産地の味と新鮮さをご自宅へ!ご家族で体感ください!『毎日お得!フルマラソンオ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000917-san-soci
 兵庫県香美町でスッポンの養殖をしている小代内水面組合が、スッポンの稚ガメを無許可でペット用に販売したとして県の指導を受け、稚ガメの販売中止に追い込まれていたことが21日、分かった。「食べごろになれば、調理を引き受ける」という触れ込みで話題を集めた町おこし事業だったが、県は「ペットを食べるのは動物愛護の精神にも反する」と指摘。組合は「法律である以上、守らなければならない」と肩を落としている。
 香美町小代地区はスキー場や温泉地に隣接しており、冬場の特産品にしようと昭和50年からスッポンの養殖をスタート。町内の旅館でスッポン鍋を提供してきた。






 組合が稚ガメをペットとして売り出したのは2年前。稚ガメの孵化(ふか)が予想以上に成功したことがきっかけだった。
 同町小代地域局の担当者は「養殖施設の広さに限度があったため、ペットとして売ろうというアイデアが組合から出た。おもしろい町おこし事業になると思った」。
 稚ガメは水槽に28度の水を張り、市販のコイのえさなどを与えれば、4~5年で体長30センチほどに成長。組合では、1匹300円で販売し、「大きくなって飼うのが難しくなれば、調理を引き受ける」との触れ込みだった。京阪神の観光客の間で人気となり、一昨年は約300匹、昨年は約800匹が売れたという。
 今年は8月下旬から1匹500円で販売していたが、9月に入り、販売をマスコミ報道で知った市民から、県動物愛護センターに「ペットを食べるのは動物愛護の精神に反するのではないか」という指摘が相次いだという...

ニュースの続きを読む



■【播州織 】ドレスシャツ712BD17■【送料無料】





スポンサーサイト

2007年11月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:白バイ乗務員の運転テクニックを学べ~ポリスチャンネル | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新◎車中で親子3人死亡=無理心中か-兵庫 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。