スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:サイレント映画:生演奏を チェロなどの二重奏で25曲--下京で24日 /京

再現!専門店の味♪長崎産トラフグ甘みの刺身&プリッとふぐ鍋【お試し】トラフグ料理2人前セッ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000242-mailo-l26
 泉鏡花の戯曲「義血〓血」を溝口健二監督が映像化したサイレント映画「瀧の白糸」(1933年)に、チェロとコントラバスで音楽を付けて上映する催しが24日、下京区の京都シネマ(075・353・4723)である。米国を中心に活動中の作曲家・西邑由記子さん(40)=西京区=が25曲を書き下ろし。共に京都芸大出身でチェロ奏者の河野文昭さん(51)=北区=と、コントラバス奏者の内藤謙一さん(46)=兵庫県芦屋市=が演奏する。
 映画は女水芸人「瀧の白糸(本名・水島友)」と、法律家を志す苦学生・村越欣弥の悲恋物語。





上映は1時間42分だが、演奏時間はうち約1時間半に達する。1分以内から最大14分以上の曲を組み合わせて構成。西邑さん得意のジャズ風アレンジも取り入れたが、無声映画特有の、音のない“間”を効果的に取り入れた場面もあるという。
 西邑さんは「場面転換が早く、展開に沿って音を合わせるのが大変だった」。しかし、完成した譜面を見た内藤さんは「(西邑さんは)ジャズの印象が強かったが、いい意味で快い裏切りがある。それが最大の魅力」と感じたという。
 映画館特有の防音設備、低音楽器の二重奏――。制限が多い中での演奏だが、河野さんは「制約があるからこそ、できることに挑戦したい。ひと味違う映画の楽しみ方を味わってほしい」と話している。
 上映は午後1時と同4時の2回。前売り2500円、当日3000円。定員は各回100人...

ニュースの続きを読む



■【播州織 】ドレスシャツ712BD07■【送料無料】





スポンサーサイト

2007年11月22日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

<< 兵庫県最新16日12:45 [ 最大震度 ] 震度 1 [ 震源地 ] 兵庫県南東部 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新無声映画「瀧の白糸」にメロディ 24日、生演奏に合わせて上映 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://hyougokennews.blog117.fc2.com/tb.php/822-41b06059

【 サイレント映画 】について最新のブログの口コミをまとめると

サイレント映画に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

2007年11月22日 プレサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。