スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新無声映画「瀧の白糸」にメロディ 24日、生演奏に合わせて上映

■【播州織 】ドレスシャツ712BD01■【送料無料】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000039-kyt-l26
 昭和初期の京都で制作された無声映画の名作「瀧の白糸」に、オリジナルの映画音楽を作り、生演奏に合わせて上映する催しが24日、京都市下京区の京都シネマで開かれる。各シーンの情景に合った音楽を作曲家の西邑由記子さん(40)=西京区=が作り、チェロ奏者の河野文昭さん(51)=北区=らが奏でる。京都がはぐくんだ映像と音楽の時代を超えた共演として楽しめそうだ。
 映画「瀧の白糸」は、名匠・溝口健二監督の1933(昭和8)年の作品。苦学生の青年に金を仕送りする太夫・瀧の白糸(入江たか子)のけなげな姿と破滅を描く悲恋物として知られる。
 催しは、京都シネマの「映像と音楽のコラボレーション」企画の一環。






 西邑さんは、2年前に米国の図書館の委嘱で無声映画「フランケンシュタイン」(1910年)の音楽を作った経験があり、今回も「音楽だけを聴いて状況が浮かぶような曲作り」を志した。
 曲はチェロとコントラバスの弦楽二重奏。演奏スペースに限りがあるうえ、館内は残響が少ない設計になっており、楽器そのもので響きやすい大きめの弦楽器を選んだ。
 上映時間は102分で、音楽は25曲、延べ90分間ある。河野さんと京都市立芸術大出身のコントラバス奏者内藤謙一さん(46)=兵庫県芦屋市=が映画の進行に合わせ演奏する。二重奏が男女の心理描写と重なるメロディーもある。
 ジャンルにとらわれない曲作りに定評がある西邑さんは「瀧の白糸は、今を生きるわたしたちにも共感できる物語で、純和風とアメリカンは意外とよく合うはず」...

ニュースの続きを読む



激安!3鉢色違いセットシクラメン5号鉢ただし12月5日一斉発送他商品と同梱不可北海道・沖縄ごめ...





スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:サイレント映画:生演奏を チェロなどの二重奏で25曲--下京で24日 /京 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:プロ野球:大学生・社会人ドラフト 第一工業大・藤原投手が西武に /鹿児島 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。