スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-船場吉兆 社長の長男、取引窓口 九州産肉の切り替え把握か

[楽天市場店オリジナル]【お歳暮】お普段茶・昆布茶 詰合せ n108
 高級料亭「吉兆」グループの船場吉兆(大阪市中央区)による偽装表示事件で、但馬牛などを仕入れていた兵庫県内の食肉販売会社との取引を担当していたのは、湯木正徳社長の長男の喜久郎取締役だったことが19日、分かった。この業者との取引は3月以降ほとんどなくなっており、九州産牛肉に切り替えられていた。喜久郎取締役が産地偽装を把握していた疑いが極めて強くなった。

 大阪府警生活環境課は、喜久郎取締役ら経営陣が、コストダウンを図るため、但馬牛から割安の九州産牛肉に乗り換えた可能性が高いとみて、各納入業者との取引状況を調べている。

 関係者によると、船場吉兆は昭和60年ごろから、共通の知人の紹介で兵庫県内の食肉業者と取引を開始。





但馬牛や三田牛を仕入れ、みそ漬けなどの贈答用商品のほか、料亭料理にも使っていたという。窓口は喜久郎取締役が担当していた。

 しかし、この業者が生産直売店で規模が大きくなかったため、ロースなど高級部位だけを安定的に仕入れることが難しかったうえ、他の部位の購入を求められることもあったという。

 このため、湯木社長自身が福岡県久留米市の食肉販売会社と接触し、平成13年ごろに取引を開始。但馬牛よりも1割程度安価で、高級部位だけを仕入れられることから、3年前から納入量を大幅に拡大させた。兵庫県内の業者との取引はごく少量になった。

 こうした経緯について、湯木社長は会見で、「今年3月から品質で劣らない九州産を使った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



にっこりお顔がキュート♪プーさんかおデカ50cmぬいぐるみ【SALON De KOBE】◆ディズニー☆50cm...





スポンサーサイト

2007年11月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新生徒へ贈る30年の「金言」 来春定年の香椎高(福岡市)・長瀬校長 130人対談の旅、CD化 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新トレーラーからホッパー落下 対向車の運転手死亡 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。