スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:大学発ベンチャー企業の現状調査(23)=段階的に必要な投資と資金調達=経産省

★落札でポイント2倍★でべら(出平かれい)小サイズ15尾袋【徳島県産】オークション決済方法は...
【PJ 2007年11月14日】- (22)からのつづき。大学発ベンチャーが大学の「技術シーズ」を事業化していくにあたって、開発した製品の事業化によって収入を得るまでの間、研究開発費や製品開発費等への資金需要は大きく、資金調達の可否が、事業化に至るスピードの大きな制約要因となっている。ここでは、大学発ベンチャーの資金需要と資金供給、及び資金支援の在り方について検討を行うこととする。

 調査では、大学発ベンチャーの資金調達が困難な時期は、①「初期段階(起業前後)」(24.9%)、②「研究開発段階(特にバイオ)」(29.6%)、③「機械設備や人的拡大が必要となる事業拡大段階」(17.5%)となっている。大学発ベンチャーは、その特徴として基礎研究から事業が始められることが多く、製品化までのリードタイムが長いといった、リスクの高い研究・ビジネスである。





その結果、出資者は複数のマイルストーンを設定する方法や、少額の初期投資を行った上で、成果の見込まれる企業への追加投資を行う方法等、段階的な投資が行われるため、経営者はその都度ごとに資金を要請する必要が生じ、一度にまとまった資金調達を行うことが困難となっている。

 とりわけバイオ系の大学発ベンチャーでは、長い研究開発期間が必要であり、また、研究開発そのものに係る費用も大きいため、研究の進ちょく状況に応じた複数回にわたる巨額の資金調達が不可欠である。VCE「ベンチャー企業支援インフラの現状とこれからのベンチャー企業の支援に関するありかた」によると、創薬系ベンチャーの事業発展段階では、基礎研究に2年~5年、非臨床試験に3年~5年、臨床試験から登録審査などに3年~7年かかるとされる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



落札でポイント2倍!辛子明太子1kg(切れ子、バラ子込み)(無着色)【福岡県産】オークション...





スポンサーサイト

2007年11月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-ニチイ学館、07年9月中間期連結営業損益が赤字予想から8億8000万円の黒字に上方修正。費用削減 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:[尼崎脱線]JR西日本元会長らから聴取 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。