スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:[尼崎脱線]JR西日本元会長らから聴取

★落札でポイント2倍★【訳あり】やわらかいいか天280g【広島県尾道産】形は不ぞろいです。オー...
 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故(05年4月)で、県警尼崎東署捜査本部が、事故当時のJR西日本会長だった南谷昌二郎・同社被害者担当顧問(66)と、現在の山崎正夫社長(64)を参考人として事情聴取したことが分かった。捜査本部は9月以降、垣内剛前社長ら事故当時の役員からの聴取を進めている。南谷、山崎両氏の聴取で幹部らの参考人聴取はほぼ終え、今後、幹部らの立件の可否について詰めの捜査を進める。 JR西は04年度末までに福知山線に新型ATS(自動列車停止装置)を設置する予定だったが、経営陣の意思決定の遅れなどから、設置は事故後にずれ込んだ。





航空・鉄道事故調査委員会の最終報告書は、新型ATSが設置されていれば事故を回避できた可能性があると指摘した。 南谷顧問は97年以降、同社社長や会長として経営を掌握しており、捜査本部は新型ATSの設置が遅れた経緯について説明を求めたとみられる。 一方、山崎社長の聴取は13日にあった。事故当時は関連会社社長だったが、現場カーブが96年12月に半径600メートルから同304メートルの急カーブに付け替えられた際、鉄道本部長を務めていた。このため捜査本部は、急カーブに変更しながら直前の速度規制を強化しなかった理由などを聴いたとみられる。【武内彩】

(引用 livedoorニュース)



落札でポイント2倍!辛子明太子1kg(切れ子、バラ子込み)(無着色)【福岡県産】オークション...





スポンサーサイト

2007年11月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:大学発ベンチャー企業の現状調査(23)=段階的に必要な投資と資金調達=経産省 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:アンチテーゼ?ネットいじめ解決に掲示板活用 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。