スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:[電子化戸籍]消える死亡者名残してに「実現困難」法務省

当社独自の技法!!【蒸らし焙煎珈琲】厳選!!グァテマラ コーヒー豆100g
 戸籍の電子化に伴い、電子化前に亡くなった家族の名前は新戸籍では消える。病死した子供の親たちが「生きた証し。名前を残して」と希望者には記載を残すよう求めた要請に、法務省が「電子化前の原戸籍には記載されている」などとして「実現は困難」と回答した。要請から5カ月後に文書回答した法務省に、親たちから「真剣に検討したとは思えない」と不満の声が上がっている。 従来の紙の戸籍や電子化後も残る原戸籍では、家族に死亡者が出ると、除籍したことを示すため名前の欄に×印を付けてきたが、名前自体は読める。94年の戸籍法改正に伴って導入された電子化戸籍では、電子化後に死亡した家族については「除籍」と追加記載されるが、電子化前に死亡した場合には、戸籍に名前さえ残らない。





 こうしたことから「新戸籍は、子供が生きていたことや、生まれたことさえ、なかったと同じ」として、「電子化前に死亡したケースでも希望者には名前を載せてほしい」と、子供が病死した親たちの会「小さないのち」(兵庫県尼崎市)が5月31日に、法務省に要請書を提出していた。 法務省は先月29日付で「戸籍は一定の形式・方式に従い、記載すべきものとされている」としたうえで、「心情は十分察するが、原戸籍で証明できることや全国統一的な記載や扱いをするため(希望者優遇は)困難」と回答した。 要請の中心メンバー、川崎市麻生区の東城直枝さん(42)は、04年10月2日に1人息子、葉(よう)ちゃんを2歳5カ月の時、急性脳症で亡くした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



『予約受付中!11月22日発送』雨後の月 大吟醸 斗瓶取り 720ml [ きき酒師お薦め 広島地酒 ] H1...





スポンサーサイト

2007年11月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新<提訴>NHK地域スタッフ195人、報酬切り下げは不当と | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県<プレスリリース>ファミリーマート、おむすび「金芽米 ふっくら厚切り昆布」発売 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。