スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県追跡京都2007:「陽子線照射」がん治療 安価で身近な受診実現へ /京都

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000218-mailo-l26
 ◇日本原研・関西光科学研究所、装置小型化に取り組む
 ◇10年後には実用化見込み
 がん治療法の一つ、「陽子線照射」は、健康な細胞にほとんど影響を与えず、体内のがん細胞だけを攻撃できるという利点がある。一方で、この陽子線の発生には、シンクロトロン(粒子線加速器)という巨大装置が必要で、治療費も高額になるため、場所と治療人数が限られているのが現状だ。安価で身近な陽子線治療の実現のためには発生装置の小型化が不可欠。その研究を進めている日本原子力研究開発機構の関西光科学研究所(木津川市梅美台8)を訪ねた。【玉置勝巳】
 ■“魔法”の治療法
 陽子線の不思議な性質は、X線と比べるとよく分かる。





がんの攻撃兵器に例えると、X線は移動しながら攻撃を続けるのに対し、陽子線は目的物に到達してから攻撃するため、がん以外に被害を及ぼさない。手術をせずに済み、周囲の細胞を傷つけてはならない脳のがんなどに最適。早期がんなら、最大40回の照射でほとんどの人が治っている。ただ、袋状で動く胃、腸などの臓器には使えないという短所や治療後の転移もありえる。
 現在、陽子線治療が受けられるのは、兵庫県立粒子線医療センター、若狭湾エネルギー研究センター、静岡県立静岡がんセンターなど6カ所。また、福井県陽子線がん治療センターなど3カ所でも近く開設予定だ。
 このうち、兵庫県たつの市の県立粒子線医療センターは直径約30メートルのシンクロトロンを備え、01年から陽子線治療を始めた...

ニュースの続きを読む



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウンテ...





スポンサーサイト

2007年11月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-[火事]アパート全焼、少年2人が死亡 大阪・豊中 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県「自分は末期がん」と悲観、認知症の妻を絞殺した夫を逮捕 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。