スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:全国に出場する選手を 美濃加茂にJrレスリングクラブ誕生

当店独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ハワイ・コナ50...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000014-cnc-l21
 【岐阜県】美濃加茂市レスリング協会が、「ジュニアレスリングクラブ」を発足させた。練習に参加しているのは現在のところ、まだ数人。それでも、体力づくりを基本に、将来は全国大会を目指せる人材をと、週3回、トレーニングに励んでいる。

 クラブを作ったのは、同市の加茂農林高校レスリング部の元主将で、同協会長の石原良次さん(31)ら。岐南工業や岐阜工業など、県内の有力高校レスリング部の単位で、ジュニアチームがないのが加茂農林高だけだったこともあり、OBの間で数年前から設立を願う気運が高まっていた。

 練習は、週3回、同校の格技場で実施。





コーチは、石原さんらOBや大学でのレスリング経験者が務め、土曜日の練習時には、同校レスリング部の三宅正徳監督も加わる。5歳から中学3年までの男女が対象だ。

 「敏しょう性やパワーも求められるが、まずは体力づくり」と基本を重視。体づくりから入り、自主性や、あきらめない精神力、礼儀作法を子どもたちに身につけてもらう。

 「試合にも出てほしい。勝つ喜び、負けた悔しさを通して、たくましくなる」と石原さん。

 現在は小中学生5人が練習に参加。全員初心者で、準備体操からタックル、グラウンドなどの基本技術、スパーリングに打ち込んでいる。当面の目標は、クラブ員を20人ほどに増やし、来年2月に兵庫県である大会に出場すること。希望者は約1カ月、体験入会で雰囲気をつかんでから、会員になってもらう...

ニュースの続きを読む



最高峰の酒米と称される、兵庫県特A地区東条町産特上「山田錦」を全量使用しています。純米大吟...





スポンサーサイト

2007年11月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:兵庫・加古川の会社員けがは「自作自演」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-古川の酒、世界の「三つ星」 国際味覚品質審査で最優秀賞 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。