スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新伊原ヘッドの最重要課題はポスト二岡育成…坂本、円谷、寺内にショート奪われる!?

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウンテ...
 巨人・伊原春樹ヘッドコーチ(58)が3日、今秋キャンプでの野手の最重要課題に、二岡を脅かす次代の遊撃手育成を挙げた。 食らいついた。坂本は必死に左手を伸ばして、ノックの打球をグラブに収めた。「よおし!」飛んでくるノッカー・伊原ヘッドコーチの声に円谷、寺内の目つきは鋭さを増す。ゴロ捕球の練習はもはや、サバイバルの場だ。 伊原ヘッドは二岡に次ぐ遊撃手の育成を「最重要課題の一つ」と明言した。今キャンプでは坂本、寺内、円谷を常に同時に遊撃の守備位置に置いて、競わせている。「いずれは二岡も譲らなければいけない時期は来るんだし、(後継者は)間違いなくあの中から出てきてくれるでしょう」と3人のルーキーに期待を寄せた。





 アピール合戦は続いている。「守備面では少し抜けている」と伊原ヘッドから高い評価を受けるのは24歳の寺内だ。社会人経由のルーキーは「僕は(3人で)年齢が一番上ですし『ちょっと違うな』と思われないと」と意気込む。坂本はフリー打撃で快音を連発するなどパンチ力をアピール。走攻守にバランスのとれた円谷も「他の2人にはない、左打ちの強みを見せたい」と鼻息は荒い。 伊原ヘッドも「彼らは今後もずっと争うことになる。いい競争をしてほしいね」と刺激し合う関係を期待する。二岡への“挑戦権”を巡って、激しい競争は続く。 ◆坂本 勇人(さかもと・はやと)1988年12月14日、兵庫県生まれ。18歳。青森・光星学院高から06年高校生ドラフト1巡目で入団...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



送料無料・お試しセット黄色いジャガイモ黄爵・十勝産メークイン・淡路産玉ねぎ5kg詰め合わせ【...





スポンサーサイト

2007年11月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:◎国士大が連覇=柔道 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-<女子駅伝>京セラが2回目の優勝 第17回淡路島大会 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。