スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新【タイ】プーリのカネミツ、初のR&Dセンター

ビーバード Bee Bird BFC-42 プロトタイプ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000006-nna-int
 自動車用プーリ(滑車)の日本最大手メーカー、カネミツ(本社・兵庫県明石市)は17日、東部ラヨン県に同社初の研究開発(R&D)センターを開設する。プーリのR&D機能を需要が伸びる海外に移管する。日本と海外の生産拠点の人材育成も担い、金型による塑性加工技術の向上を図る。

 イースタンシーボード工業団地に入居する現地法人カネミツプーリの工場敷地内にR&Dセンターを設置する。投資額は3億5,000万円。敷地面積は4,900平方メートル、延べ床面積は2,400平方メートル。
 
 プーリなどを開発する「開発ゾーン」と、金型を使った製造技術を高める「トレーニングゾーン」の2部門で構成する。





トレーニングゾーンでは、日本、タイ、中国の生産拠点の従業員を訓練し、グループ全体の技術力アップを狙う。
 
 プーリは、エンジンの動力をベルトを介して伝達する円盤状の部品。これまで日本本社の担当部署が開発してきたが、独立したセンターを設けて開発力を強化する。生産拠点がある中国や、将来の進出を検討しているインドに近いことから、タイがセンター設置に最適と判断した。
 
 日本ではプーリの需要が減少するとみており、プーリ以外の新製品の開発を強化する方針。
 
 カネミツは1947年の創業。日本の自動車メーカー全社にプーリを供給しており、年産量は2,700万個。農機や船舶用などのプーリも手掛ける。プーリ以外にも、自動車向けに歯車状のエンジン部品スプロケットやエアバッグ部品などを生産している...

ニュースの続きを読む



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...





スポンサーサイト

2007年11月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:【いきいき】ジャズ歌手・北浪良佳さん 歌への「こだわり」貫く | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:「未知との遭遇」最初の通報先はどこに?研究者らが会合 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。