スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-故小田実氏の遺志継ぎ「アカデミア」開講=兵庫・芦屋山村サロン

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
【PJ 2007年10月29日】- 兵庫県芦屋市の芦屋山村サロン(オーナー・山村雅治氏)で27日、「アカデミア」(「文芸講座」)が開講された。この日午後1時からはじまった講座では、開講にあたり、同サロンのオーナーで主催者の山村雅治氏が、阪神大震災以前に、故小田実氏と文芸講座を開講した経緯、震災以後、文芸講座を休んでいた理由などについて説明の上、山村サロンでの「アカデミア」開講は、小田実氏の夢であったと話した。

 山村氏は「サロンという場では、上下関係は一切ありません。対等、平等、自由、そういう場で、忌憚(きたん)なく語り合う。このサロンが、そういう場になっていけばいいと思っています。小田氏が、考えていた「アカデミア」は、そういうものだった思います。





今日を皮切りに、「アカデミア」を皆さんとともに積み上げていきたいと思います。」と、小田氏が考えていた「アカデミア」について説明し、小田氏の遺志を山村氏が継ぐ決意であることを強調した。

 「アカデミア」1回目の講演者、玄順恵さん(小田実氏の人生の同行者)は、小田氏の文学観、市民活動の経緯、山村氏との出会いなどについて説明。「山村さんとわたしは、感性が似ていて、共鳴することが多くあります。小田という核を中心に、山村さんとわたしがいるという関係です。背景のバックグラウンドが違いますが、目が世界に向いているという共通点があります」と話した。

 玄さんは、著書「私の祖国は世界です」について、「小田と世界中、いろんなところで暮らしたり、人と出会ったりして、みんな共通点は、自国だけではなく、必ず、外に向かっている人たちが、たくさんいました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



当社独自の技法555円からのスタート!!【蒸らし焙煎珈琲】キリマンジャロ・AA 500g コーヒー豆





スポンサーサイト

2007年11月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:スーツが似合う男性タレント、1位は木村拓哉 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-偽住基カードで詐欺未遂 2人逮捕、組長に逮捕状 大阪府警 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。