スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-妊婦搬送の拠点病院に第一赤十字 京都府が指定

全員プレゼント付き!玉ねぎ・キャベツ・かぼちゃ・人参で作った血糖値を安定させるスープです...
 昨年8月に奈良県で緊急搬送先探しが難航し妊婦が死亡した問題を受け、京都府は31日、近畿2府7県間で周産期(妊娠22週-生後1週間)の妊婦搬送を調整する際に府の拠点となる病院に、京都市東山区の京都第一赤十字病院を指定した。府と他府県との患者搬送のやりとりは同病院が一元的に対応し、スムーズな受け入れ病院探しにつなげる。
 奈良県の問題では、県内で搬送先が見つからず大阪府へ協力を依頼する際、複数のルートで病院探しが行われたという。このため、昨年の2府7県知事による会談で、効率的に連携することで合意していた。
 同赤十字病院は、府内で妊婦の搬送先を調整する府総合周産期母子医療センターとしての実績もあるため拠点病院に選ばれた。





近畿での広域搬送調整拠点病院は、既に滋賀県と兵庫県を除く2府5県で決まっている。
 府によると、同病院を通じて母体を府外搬送した例は05年度で5件(大阪4、滋賀1)、06年度16件(大阪15、滋賀1)。府外からの受け入れは05年度1件(滋賀)、06年度6件(大阪3、奈良、福井、滋賀各1)。ただ、ほかに救急や病院が独自に府境を超えてやりとりする例もあり、「正確な全体数は分からない」という。
 京都府総合周産期母子医療センター長の中田好則医師は「拠点病院として位置づけが明確化し、他府県と連携しやすくなる。しかし本来必要のない人からの連絡が増えると、当直医は1人のため電話対応ができなくなることも心配...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



信州伊那谷 無添加・本醸造三年味噌  500g





スポンサーサイト

2007年11月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:神戸質屋協同組合 第23回「質流れ品大バザール」開催 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-<ルミナス賞>毎日新聞記者に審査員特別賞 石綿がん報道で >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。