スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

夏の高校野球:甲子園 佐賀北、魅せたがばい魂 4強進出 /佐賀

神戸市西区2[北部](200707)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000221-mailo-l41
 ◇「公立の意地」発揮
 夏の甲子園大会第12日の19日、佐賀北は準々決勝で東東京代表の帝京と対戦。抜群の強さを見せていた強豪を相手に延長十三回4―3のサヨナラ勝ちを収め、県勢としては94年に優勝した佐賀商以来13年ぶりのベスト4進出を決めた。準決勝は大会第14日(21日予定)午後1時半開始。20日に試合のある長崎日大(長崎)―楊志館(大分)の勝者と当たる「九州対決」が決まった。【朴鐘珠、小原擁】
 ▽準々決勝
帝京
  0102000000000=3
  1110000000001=4
佐賀北
 (延長十三回)
 「ほとんどの人は帝京が勝つと思っているでしょう。





だけど公立の意地で打ち負かしてみせますよ」。試合前の準備体操中、余裕の表情で豪語した井手和馬選手(3年)は、自らのバットで予言を的中させた。
 今大会5試合目にして2度目の延長戦。十三回2死一、二塁、左打席に身長163センチの井手選手が入る。マウンドから見下ろすサウスポー、垣ケ原達也投手(3年)が投じた2球目は、背中から襲ってくるような内角直球。「暴れてこい」と指示した百崎敏克監督(51)の執念と、県民が託した思いを乗せた一撃は、糸を引くような弾丸ライナーに昇華し二塁手の頭上を抜けていった。
 「奇跡だ!」「ばか、奇跡じゃなか。実力や!」。汗、涙、抱擁、そして言葉にならない絶叫――。一塁側アルプススタンドに乗り込んだ「佐賀んもん」たちは誰彼なく、球史に新たな一ページが刻まれる瞬間を目撃した“戦友”だった...

ニュースの続きを読む



オリジナルジャガード織りストライプ×本革使用1つ1つが職人の手で丁寧に作られた自信作。本物...




,,
スポンサーサイト

2007年08月31日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< ◎一般住民で最大20倍に=兵庫・尼崎市の中皮腫死亡率-環境省調査 | 兵庫県 新聞速報TOP | [FREESPOT] 4か所にアクセスポイントを追加 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。