スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:DVD『余部鉄橋の記憶』発売---JR西日本承認、香美町監修

贈り物・お歳暮/お取り寄せ に 北海道から おすすめします!北海道の地酒 【金滴酒造】大吟...
兵庫県北部の香美町、JR西日本・山陰本線の余部(あまるべ)鉄橋。1912年の完成当時、東洋一の規模を誇ったこの大鉄橋も架け替え工事が行われている。約100年の歴史の貴重映像を納めたDVD『余部鉄橋の記憶』が25日、発売された。

明治の土木技術の粋を結集した建設工事の様子や歴史、1959年の餘部駅完成当時の貴重映像、営々と続けられた保守作業、そしてその雄姿など、余部鉄橋の歩みを映像と写真資料でまとめたDVDビデオだ。

「全国鉄橋サミット」(2006年に香美町で開催)で放映された余部鉄橋紹介ビデオを制作した株式会社キャメルが、約2年半をかけて制作した。香美町が監修、JR西日本承認済。








DVD『余部鉄橋の記憶』
●発売日:10月25日
●価格:2000円
税込。送料・手数料別
●販売方法/サンプル映像
インターネット http://amarube.rojo.jp/

収録内容
●本編(歴史編):約24分
●四季編:約17分
●写真編
●余部鉄橋年表

本編の主な内容
●余部鉄橋の歴史
●錆との闘い
●餘部駅の誕生(餘部駅完成時の貴重映像)
●列車転落事故の悲劇
●余部鉄橋そして未来へ

余部鉄橋---山陰本線鎧駅と餘部駅の間にかかる高さ41.5m、長さ310.7mの鉄橋。単線。鋼材をやぐら状に組み上げた橋脚が特徴で、この種のトレッスル式鉄橋では日本一の規模。1909年に着工し、約33万円の建設費、延べ25万人の労力をかけ、1912年に完成した。現在地に現橋梁と同じものを建設する場合の工事費用は概算で42億円とされる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



ツインワインディングマシン 自動巻き腕時計愛用者の必需品





スポンサーサイト

2007年10月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:<訃報>クボタ石綿公害訴えた土井雅子さん死去 中皮腫で | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県JR脱線事故犠牲者が家族に送った絵手紙 大阪で展覧会 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。