スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-白鵬が真の「かわいがり」見せた!

激安オークション!送料無料!【2本セット】コンピューターシュミレーションにより配置された4...
 大相撲の横綱白鵬が21日、兵庫県神戸市で行われた神戸巡業のぶつかりげいこで幕内の栃煌山に約6分間、集中的に胸を出した。上位力士が時に相手を投げ飛ばしたり、引きずったりしてけいこをつける「かわいがり」で、20歳のホープを鍛え上げた。時津風部屋の力士死亡問題でけいこのあり方に注目が集まる中、“真のかわいがり”を神戸のファンに披露した。
 若き横綱が鬼になった。巡業の朝げいこを締めくくるぶつかりげいこで、白鵬は栃煌山を相手に指名した。ける、投げる、引きずる…。自分を土俵の外に押し切れずにいる日本人ホープに約6分間、容赦なく愛のムチを振るう。栃煌山はみるみるうちに、体中砂まみれになっていった。






 けいこを終えた白鵬は充実感たっぷりに振り返った。「今日、(けいこを)やった中で一番若かったからね。ちゃんと押してきていたよ。オレのけいこにもなる」。番付下位の力士を鍛えることも横綱の大切な仕事。年齢はわずか2歳しか違わないが、角界のしきたりを相手に叩き込んだ。
 土俵下に陣取った大島巡業部長(元大関旭国)も納得顔。「若手に胸を出していかなかったら、(白鵬の)スタミナがつかないでしょ」と、横綱の前向きな姿勢にうなずいた。地獄の6分間を耐えた栃煌山も「だいぶいい汗をかけました。気持ちも乗ってくると思います」と横綱の好意に感謝した。
 1人の力士を集中的に鍛えることを角界では「かわいがり」と呼ぶが、時津風部屋に所属していた斉藤俊さん(当時17)がけいこ後に急死した問題で、この言葉が独り歩きした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



京都・伏見の彩り酒懐石





スポンサーサイト

2007年10月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:しょうゆで町おこし 27日から「全国醤油サミット」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新攻め貫く!薗田イーグル5アンダー >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。