スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新米国、三振アウト法 犬の惨殺で終身刑?

神戸ジェラート 匠の和風セレクション
犬を惨殺した男に対して、終身刑が言い渡されるかもしれないと、米国メディアが大きく伝えている。交際相手の愛犬をハンマーで殴り殺した男性が逮捕された事件が動物愛護団体を通じて知れ渡り、厳罰を求める声がカリフォルニア州地裁に殺到した。この男性が犬の惨殺で終身刑に問われることになったのは、過去に2度、暴行で有罪判決を受けていたからである。

米国では「三振アウト法」なる法律があることをこの事件の報道で知った。この「三振アウト法」とは、スリーストライクス・アンド・ユー・アー・アウト法というもので、重大な罪を3度犯すと終身刑や禁固25年が自動的に科せられるというものだそうだ。





動物虐待は禁固3年だが、地裁はこの三振アウト法が適用できると判断しているようである。
 
毎日、ネットで新聞記事を見ていると、日本でも動物虐待事件が増えているように感じる。この21日にも神戸市須磨区の団地路地で首なし猫の死体が見つかっている。また、兵庫県加古川市で起きた小2年生の刺殺事件でもこの事件に関連性があるかどうかはわからないが、現場から約1.5キロ離れた場所でも首を切断された猫の死骸が発見されている。人間の自殺もそんなに記事にもならなくなっているから、動物の事件もよほど残虐でないかぎりは取り上げられなくなっているのではないか。そう考えると、数的には多いのではなかろうか。

「動物虐待が後に凶悪事件を引き起こす」ということを聞いたことがある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



激安オークション!送料無料!【2本セット】SUVオーナーが求めるアグレッシブなドライビングと...





スポンサーサイト

2007年10月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県桃子単独首位!“遼クン打ち”不発も余裕 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新石炭火力向けチューブ 住金、生産能力1・5倍に >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。