スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県井上ひさし作「円生と志ん生」 息ぴったり角野・辻コンビ

ペットキャリーバッグ◆ギンガムネイビー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000123-san-ent
 ■満州で必死に生きた2人の噺家

 江戸落語の名人、古今亭志ん生(1890~1973)と三遊亭円生(1900~1979)。井上ひさしが、2人の噺家の満州・大連での苦難の日々を軽妙な笑いとともに描いたこまつ座公演「円生と志ん生」(演出・鵜山仁)が27、28日、西宮市の兵庫県立芸術文化センター中ホールで上演される。志ん生役の角野卓造、円生役の辻萬長は息もぴったりで、丁々発止のやりとりが絶妙の人間悲喜劇を紡ぎ出す。(亀岡典子)

 志ん生と円生は10歳違い。昭和20年、東京が激しい空襲を受けていた最中、志ん生は突然、円生に「明日、満州に行こうよ」と誘う。





「あっちでは白いゴハンがたらふく食べられて、お酒は呑み放題…」と。

 しかし、2人が満州に渡ってすぐに日本は敗戦。ソ連軍の侵攻と同時に大連は封鎖され、2人は地獄のような街を命からがら逃げまどうはめに。舞台は、そんな2人が大連で遭遇する苦難と、さまざまな境遇の女性たちとの出会いのエピソードを、宇野誠一郎作曲の楽曲を交え、ユーモアたっぷりに描いていく。

 初演は平成17年。今回は2年ぶりの再演だが、メーンキャストの角野と辻はそのままに、女優陣が一部配役変更しての上演となる。

 「タイトルを見て、落語会と誤解されたり、劇中で僕たちが落語をやると思い込んでいらっしゃるお客さまもいるみたいで…」と角野。「しかも志ん生さんも円生さんもいまでもファンが多い...

ニュースの続きを読む



■『 店主が大切に自家焙煎した豆を真心込めてお届けしたい 』■555円からスタート!!限定【...





スポンサーサイト

2007年10月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新<日本製粉>東福製粉と業務提携 原料高騰で経営環境厳しく | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-見る:酒井駒子絵本原画展 北杜・えほんミュージアム清里、12月3日まで /山梨 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。