スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:小2女児刺殺から1週間 夕闇に消えた犯人像

【期間限定5%(銀行振込なら8%)OFF! ~10/29まで】月間MVP受賞SHOP【送料無料;開梱・設置...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000085-san-soci
 兵庫県加古川市の市立別府(べふ)小2年、鵜瀬柚希(うのせゆずき)ちゃん(7)が自宅前で刺殺された事件は、23日で発生から1週間。加古川署捜査本部は柚希ちゃんの周辺でトラブルになったり、恨みを持つ人物がいなかったかを重点に捜査しているが、犯人像はまだ見えない。殺害目的で襲った残虐性と、短時間で犯行を遂げた計画性。“夕闇に消えた犯人”に、住民らは眠れぬ夜を過ごしている。

 ■地理熟知か

 「娘が刺された」

 柚希ちゃんの母、水間(みま)江梨香さん(27)が119番通報したのは16日午後6時6分。柚希ちゃんは左胸と腹部を刺され、同7時46分に死亡が確認された。







 柚希ちゃんはこの日、近くの公園から同6時ごろ自転車で帰宅。玄関前にいた姉妹と会話を交わし、自宅裏に自転車を止めた直後に襲われた。

 柚希ちゃんが1人になった時間は、わずか1分前後とみられるが、姉妹ら家族は不審な人影を見ていない。

 現場は細い路地が入り組み、住人以外の出入りがほとんどない住宅街で街灯も少ない。柚希ちゃんの自宅南側には“死角”となる畑があり、捜査本部は付近の地理を熟知した人物が犯行前に身を隠していた可能性もあるとみている。

 ■見えぬ動機

 なぜ、柚希ちゃんが狙われたのか-。捜査幹部は「7歳の女の子に殺される理由などあるはずがない」と首をかしげる。

 柚希ちゃんは搬送される際、救急隊員に犯人を「大人の男」と抽象的に説明した...

ニュースの続きを読む



【黒松白鹿】特別純米酒山田錦 180ml





スポンサーサイト

2007年10月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:安藤昭一氏死去 京大名誉教授 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-「柏市の中核市に」総務相に申し出 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。