スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県加古川女児刺殺 心身の不調 訴える声 奈良、広島の事件教訓に

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
 兵庫県加古川市別府(べふ)町新野辺(しのべ)の市立別府小2年、鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(7)刺殺事件で、同小に児童の心身の不調について計9件の相談が寄せられていることが22日、分かった。事件後、日増しに高まるとされる心的外傷後ストレス障害(PTSD)。今回と同じく女児が犠牲になった事件を経験した奈良、広島の担当者は「一人一人に応じた対応が重要」と訴えている。

 加古川市教委などによると、事件後、児童の保護者らから寄せられた相談は「事件のニュースを見て泣いた」「嘔吐(おうと)した」といった内容。

 県教委は事件3日後の19日から、同小に経験豊富なスクールカウンセラーを派遣。





児童らとの面談を始めた。カウンセラーは「怖いことがあっても、落ち着いて自分に向かい合いましょう」などと語りかけ、緊張を解消する体操を紹介。子供たちは落ち着いた様子で体操をしていたという。

 市教委によると、これまで事件のショックで休んだ児童はいないというが、同小では、保護者会で「夜1人で寝ることができなくなった」「口数が減った」といった注意項目をあげた「心のチェックシート」を配布。様子に変化があれば担任教師に相談するよう呼びかけている。

 平成16年11月に起きた奈良小1女児誘拐殺人事件で、女児が通っていた奈良市立富雄北小に派遣されていた市少年指導センターの馬場浩行指導主事は「子供たちは大きなストレスを感じているが、中には心配をかけまいと不安を表に出さない子もいる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...





スポンサーサイト

2007年10月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:深まる「謎」、加古川の小2女児刺殺から1週間 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新桂ざこば ドラマは落語よりオモロイ? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。