スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:中央学院大トップ通過箱根切符!

インポート セサミストリート・ ワケありセール洋書絵本Peekaboo!I See You!☆ビッグバード他
 第84回東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が20日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園内にゴールする20キロで行われ、中央学院大の木原真佐人(3年)が58分40秒で日本人1位となり、トップ通過に導いた。今夏の世界選手権一万メートル代表の早大・竹沢健介(3年)は兵庫・報徳学園の同級生で、前回大会は“花の2区”で完敗。来年正月の本大会でもエース区間での激突が濃厚で、リベンジを狙う。本大会は予選通過の9校とシード校の順大、日大などに関東学連選抜を加えた計20チームで争われる。

 独走するモグスは眼中になかった。懸命に追ったのは、学生長距離界のエースに君臨する同級生の幻影だ。





58分40秒で日本人1位。中央学院大を予選会トップ通過に導いた木原は、満足感もなく汗をぬぐった。

 「トップ通過ができたことは良かったけど、後半は課題が残る走りだった」

 大阪世界選手権で一万メートル12位に入った早大・竹沢は、報徳学園の同級生で今でも連絡を取り合う仲。ともに青春を過ごした仲間が世界と戦った夏、木原は両足首を故障し、満足に走れない日々が続いた。9月の北海道合宿も「無理やり連れて行った」と川崎監督。万全ではなくても、志が高いだけに後半のペースダウンが納得できなかった。

 前回大会の“花の2区”では区間賞の竹沢に対し、木原は区間7位に沈んだ。来年1月の本大会も、エース区間でのリマッチが濃厚だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



フジッコ国産おせち【和(やわらぎ)】





スポンサーサイト

2007年10月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:「メタバース(3次元仮想空間)専門」の空間内コンテンツ制作支援会社を設立 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県中山竹通氏の長男にWの期待 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。