スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-兵庫・加古川の女児刺殺:地域防犯体制の難しさ浮き彫り 巡回増や警備員配置 /大阪

神戸スイーツクリスマス ゴーフレール G8S
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000302-mailo-l27
 ◇子ども見守り隊発足
 兵庫県加古川市の市立別府小2年、鵜瀬柚希ちゃん(7)が自宅前で刺殺された事件は、地域の防犯体制を整備する難しさを浮き彫りにした。府内でも過去に子どもが巻き込まれた事件を受け、さまざまな取り組みが進められている。
 01年に児童8人の命が奪われた乱入殺傷事件が起きた大阪教育大付属池田小学校(池田市)は今回の事件を受け、児童の登下校時、通学路を巡回する教員を2人から8人に増やした。
 同校は原則として午前7時半~午後7時半に正門前に警備員を配置。登校時には保護者7人が通学路で子どもたちを見守る。校舎内外に非常用押しボタンや警報ブザーなどを設置。





03年度には緊急時の携帯メールも導入した。不審者情報があったり、学校行事で児童の下校が遅れる際などに保護者に連絡している。昨年度からは、児童が無事に小学校に到着すると、保護者にメールが届くシステムも取り入れた。
 03年5月、当時小学4年の吉川友梨さんが行方不明になった熊取町は事件後、地域住民や保護者らが登下校時などに通学路に立つ「子ども見まもり隊」を発足させた。約200人が登録している。また青色回転灯を取り付けた専用パトロールカーで町内を巡回する「安全パトロール隊」も実施。嘱託町職員として採用した警察官OB4人と、公募した有償ボランティアの住民が一緒に乗り込んで、月~金曜日の日中に巡回している。
 子どもを取り巻くさまざまな危険を研究しているNPO法人「子どもの危険回避研究所」(東京都港区)の横矢真理所長は「子どもの安全を見守る活動は登下校の時間に集中しがち...

ニュースの続きを読む



笹倉鉄平「あじさいのテラス」【額付版画作品】





スポンサーサイト

2007年10月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-ホスト「飲み行かへん?」 声をかけたら婦警さん | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県県教委:登下校時の安全確保の徹底を 各市町村、教育長などに通知 /和歌山 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。