スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新[野宿者焼死]少年に有罪判決…未必の故意 地裁姫路支部 

兵庫県小野市が生んだ和洋併用の空間インテリア商品です。珠のれん A-150 ベージュ W85×H50cm
 兵庫県姫路市の橋の下で野宿生活をしていた無職、雨堤誠さん(当時60歳)が05年10月、火炎瓶を投げられ焼死した事件で、殺人罪などに問われた少年(19)の判決公判が17日、神戸地裁姫路支部であった。五十嵐常之裁判長は未必の殺意を認め、「犯行は身勝手かつ短絡的で酌量の余地はない。証拠隠滅や共犯者との口裏合わせなどで主導的役割を果たした」として懲役5年以上8年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。 判決によると、少年は05年10月22日午前4時ごろ、仲間の3少年と共謀し、同市西夢前台の国道2号夢前橋の下にあった雨堤さんの「住まい」にガソリン入り火炎瓶4本を投げ入れ、雨堤さんを焼殺した。





 弁護側は「少年に殺意はなく、中に人がいるとは思っていなかった」と主張して家裁送致を求めた。しかし五十嵐裁判長は「火炎瓶を次々に投げ込むという強い攻撃意思の下、人が中にいた可能性と命に危険が及ぶことを認識して犯行に及んだことは未必の殺意が認められる」と弁護側の主張を退けた。 この事件では、少年を含む計4人が殺人と火炎びん処罰法違反容疑で逮捕された。神戸家裁姫路支部は06年5月、事件当時18歳だった少年だけを刑事処分相当として検察官送致(逆送)し、仲間3人は事件当時14~16歳という年齢などを考慮して初等・中等少年院への送致を決定した。【松田栄二郎、馬渕晶子】

(引用 livedoorニュース)



「算盤の街」としてしられる兵庫県小野市が生んだ和洋併用の空間インテリア商品です。珠のれん...





スポンサーサイト

2007年10月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:柚希ちゃんが家の裏側に入る直前に不審自転車男…兵庫県加古川市・小2女児殺害 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:<兵庫・女児刺殺>悲しみの翌朝 児童集団登校 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。