スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:佐倉市民花火大会:3年ぶり復活に賛否 財政難、マナー悪化で05年から中止 

【2007年お歳暮ギフト特集】【11月21日より全国発送開始】【産地直送・送料込価格】【クール冷...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000134-mailo-l12
 ◇喜ぶ声の中、「問題解決していない」と懸念も--20日開催
 財政難や観客のマナー悪化などを理由に05年から中止されていた「佐倉市民花火大会」が20日、3年ぶりに開催される。復活を喜ぶ声が上がる中で、「中止理由の問題点が十分解決したとは言えず時期尚早では」との意見が出るなど、賛否両論が火花を散らしている。【柳澤一男】
 市民花火大会は、3年前まで「佐倉・国際印旛沼花火大会」として毎年8月に実施されていた。海外からも花火師を招き、約2万2000発が打ち上げられるなど、県内でも屈指の規模を誇っていた。
 しかし、01年に兵庫県明石市の花火大会で11人が死亡する事故が発生したことを受け、警備体制の強化を余儀なくされた。





警備費が増加の一途をたどる一方で、企業協賛金は不況のあおりで年々減少。04年の大会では約1700万円と、運営費約4700万円の3分の1程度にまで落ち込んだ。
 追い打ちをかけるように、来場者のマナーの悪化も問題視されるようになった。会場周辺の住宅の庭や田畑にはゴミが無造作に捨てられ、駐車違反車両が公道をふさいだ。当時の渡貫博孝市長や一部の市議がやむなく中止論に傾き、05年に無期限の開催見送りが決定した。
 しかし、中止を惜しむ声が日増しに大きくなり、同市は大会復活に向け、広報誌などを通じてマナー向上と運営費の寄付を呼び掛けた。
 今年、再開を目指してゴミ拾いや案内役などのボランティアを募集したところ、約100人が名乗りを上げた...

ニュースの続きを読む



【2007年お歳暮ギフト特集】【11月21日より全国発送開始】【産地直送・送料込価格】【クール冷...





スポンサーサイト

2007年10月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新◎小2女児刺され死亡=自宅近く、家族が見つける-犯人は逃走、兵庫・加古川 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-◎小2女児刺され死亡=自宅近く、家族が見つける-犯人は逃走、兵庫・加古川 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。