スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第52回全国高校軟式野球:1回戦 新見、猛追かわす 本荘に際どく逃げ切る /岡山

うさぎパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000157-mailo-l33
 ◇5-4で逃げ切る
 兵庫県で開かれている夏の全国高校軟式野球大会第2日の26日、東中国代表の新見は、明石公園球場であった1回戦で、北東北代表の本荘(秋田)と対戦した。新見は一回に先制し、その後も着実に加点。九回に本荘の猛追を受けたが、5―4で逃げ切った。
 新見は大会第3日の準々決勝、高砂市球場の第2試合で東京代表の日大三と対戦する。
▽1回戦
新見(東中国・岡山)
  120020000=5
  000000004=4
本荘(北東北・秋田)
 新見が序盤、制球の定まらない本荘の先発・佐藤拓を攻めて得点を重ね、継投で逃げ切った。





一回、先頭の渡辺が四球を選び二盗。1死後、森口の左前適時打で1点を先取した。二回にも2四死球と安打で1死満塁とし、野選と内野ゴロで2点を加えた。本荘は九回無死満塁から敵失と押し出し死球、小野の左前適時打などで1点差に詰め寄ったが、及ばなかった。
 ◇「兄貴」たちに声援
 ○…「フレーフレー、新見」。三塁側スタンドの一番前で、赤いはちまきに学生服姿で声をからして応援する千原浩司君(2年)は、3兄弟全員が野球部員。兄の達也選手(3年)は主将だが、「一瞬で周りの雰囲気を明るくしてくれる」と尊敬するのは一塁手の槙原淳幹選手(3年)。「リードに甘えず、どんどん加点してほしい」と、頼れる「兄貴」たちに声援を送っていた。
 ◇全国大会の怖さ知る--福島亮一・新見監督
 八回までは理想的な展開...

ニュースの続きを読む



公立・私立高校への進学(2008高校受験用)




,,
スポンサーサイト

2007年08月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< [FREESPOT] 富山県と兵庫県の3か所にアクセスポイントを追加 | 兵庫県 新聞速報TOP | 第52回全国高校軟式野球:熊本農、粘り及ばす 日大三に0―1の惜敗 /熊本 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。