スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:Newsクリック:やまぐち なぜ多い、赤瓦 石州産、秋芳町などに集中 /山口

朝揚げ直送!産地の味と新鮮さをご自宅へ!ご家族で体感ください!『毎日お得!フルマラソンオ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000142-mailo-l35
 ◇住民「山の緑とよく合う」
 山口勤務になって半年。事件や街ダネ取材で県内をくまなく回るが、不思議でならないのが美東や秋芳、阿東町周辺の屋根瓦の色だ。あっちもこっちもそっちも赤、赤、赤……。かくも赤瓦が普及したのは一体なぜなのか。背景を追った。【藤沢美由紀】
 萩での取材を終え、山口市方面へ帰る途中、美東町に差し掛かった。赤い屋根の家が並ぶ。2階建ての民家を訪ねると、お年寄りの女性(82)が笑顔で当時を振り返った。「20年ほど前、家を建てる際、大工さんに『田舎は赤が似合うよ』と言われたんです」
 近所の男性(73)は50年代に母屋を建築した。





昭和初期からある納屋の屋根が赤だったため「同じ色でないとおかしいから赤瓦にした」という。
 赤瓦といえば沖縄の街並みが有名だが、山陰など一部を除くと多くはない。美東町教委社会教育課の池田善文さんによると、一帯は島根県産の石州瓦で「寒さに強くて丈夫なので広まったのではないか」と推測する。
 石州は三州(愛知県)、淡路(兵庫県)と並ぶ三大瓦産地の一つ。江戸時代中期から島根県の江津、益田、浜田市などで生産され、高温焼成の釉薬瓦(ゆうやくがわら)が特徴だ。割れにくく寒冷地にも適している。
 文献をひもとくと、江戸時代から山口県内の民家に使われるようになった。江津市の石州瓦工業組合によると、昨年度の年間生産数は1億2000万枚。うち約10%が山口県内で売られており、石州瓦メーカーの販売担当者は「山口全域に普及している」と言う...

ニュースの続きを読む



手取川 純米大吟醸 吉田蔵 720ml





スポンサーサイト

2007年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:輸入米入札汚職で、農水省の元部長ら逮捕 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:犬の搬入断念 住民「抗議活動続ける」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。