スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫:佑ちゃん初完投!中1日リベンジ…東京六大学野球

【技ありキムチ】明太子キムチ500g
 ◆東京六大学第3週第4日 法大1−9早大(25日・神宮) やっぱり佑ちゃんはすごかった。早大のスーパールーキー・斎藤佑樹投手が、法大4回戦に先発。リーグ戦初黒星を喫した2回戦(23日)から中1日での登板だったが、最速145キロをマークするなど抜群のスタミナを披露。5安打1失点9奪三振、137球、大学進学後、初となる完投を白星で飾り、見事にリベンジを果たした。見抜かれていたクセを逆手に取って打ち取るなど、クレバーさも見せ、勝ち点奪取に大きく貢献した。慶大は明大を下し、勝ち点を2とした。 最高の形で借りを返した。9回2死。斎藤は最後の打者を142キロのストレートで詰まらせ、二ゴロに仕留めると、控え目に2度、両手を合わせた。





そして、捕手・細山田武史と歓喜のグラブタッチ。「ベンチで待っててハイタッチをしても人ごとみたいですけど、今日は、やりきった感じがあってスッキリしました」今季の目標に掲げてきた大学初完投を、リーグ戦初黒星を喫した法大相手にマークした。 闘争心がみなぎっていた。初回、2点のリードをもらった斎藤は、誰よりも早くベンチを飛び出し、小走りでマウンドへ向かった。速球はほとんどが140キロを超え、変化球勝負が目についた前回から一転、ピンチでもズバズバ速球を投げ込んだ。「今朝、起きた時から意気込みがかなりあった。やられた相手にやり返すのは気分いいですね」きっちりとリベンジを果たし、さわやかな笑顔をのぞかせた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



いーぐる⇒ SANYO EK-15NA-BLL





スポンサーサイト

2007年09月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< bmwのこれ知ってます?:アーティスト、グラハム・ナッテルが MINI の精神を表現 | 兵庫県 新聞速報TOP | ポートピアホテル最新近畿日本ツーリスト、妊婦さんにやさしい宿「マタニティープラン」を発売 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。