スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マスコミ速報-世襲議員の安易な権力の継承がいつまでも許されるのだろうか。

いーぐる⇒ -Video-ウィッチハンターロビン 【Video★アニメ】 BANDAIVISUAL ウィッチハンター...
【PJ 2007年09月17日】- 日本で最初の親子総理の誕生があるかも知れない。しかし、これで良いのだろうか、といささか疑問になってきた。政治家の三バン「地盤・看板・鞄」を引き継いだ世襲議員の現実の姿だ。福田氏、麻生氏、安倍氏、小泉氏、そして民主党の小沢氏、鳩山氏もすべて世襲議員なのだ。そういえば、両院の議長も、河野衆議院、江田参議院の二人とも世襲議員である。

 子、孫、親せきを含めると政治家(国会だけでなく地方議会・首長も含めて)の世襲は、どの位の数になるのであろうか?一時期において、衆議院議員では、4人に1人はそうであるという話もあったような記憶もある。

 このことは、当然としてよいことではない。





「政治と金」の温床や、その資質の面での問題点など、安倍内閣でその実例が明らかになったことでもある。

 無論、民主主義の下での世襲を禁止したり規制することは、基本的人権からすれば許されることではないが、やはり、ここまで来ると政治家の衿(えり)を正す原点は、世襲問題の解決しか無いように思われる。これは、実は政治家の社会だけでなく、日本の企業の中においても多く起こっている問題なのだ。同族企業などの世襲社長も似たようなものである。

 そのように考えると、「士農工商」の身分社会から何ひとつとして変化していない日本的体質なのかも知れない。「一生懸命、勉強して、偉い人になる」と大志を抱いても、世襲の壁に阻まれて結局は何もできない「非実力社会」の現実がそこにはあるのだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



北海道から産地直送!!海鮮グルメお取り寄せ生食用仙鳳趾産活カキ【特大】10個で1セット





スポンサーサイト

2007年09月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-[コウノトリ]人工飼育の3羽、野生復帰計画で放鳥 兵庫 | 兵庫県 新聞速報TOP | 会津駒ケ岳の気になるニュース:浅草23:55発 尾瀬夜行で週末旅に出た >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。