スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

会津駒ケ岳の気になるニュース:浅草23:55発 尾瀬夜行で週末旅に出た

GPS&雪崩ビーコンかんたん
 先月、29番目の国立公園として「尾瀬国立公園」が誕生した。深田久弥の日本百名山のひとつ、会津駒ケ岳や、帝釈山、田代山が新たに加わり、エリアを拡大して日光国立公園から独立した。その中核をなす尾瀬沼や尾瀬ケ原は、間もなく一面、秋色に染まる。14日の夜、尾瀬に向かった。●50、60代が目立つ 金曜日のPM11:30過ぎ、「尾瀬夜行」の改札が始まると、トレッキングシューズにリュック姿のハイカーたちが次々にホームに入ってきた。 ここは東武線浅草駅。2階5番ホームに「尾瀬夜行」がスタンバっている。全席指定で、東武鉄道、野岩鉄道をひた走り、終点の会津高原尾瀬口まで一直線(今後は9月28日、10月5、6、7、12日運行)だ。





PM11:55、定刻発。車内は50代、60代のグループや夫婦が目立つ。子育て世代の40代はほとんどいない。座席は半分ほど埋まっていた。お隣の夫婦は仮眠態勢。夜行慣れした感じだ。缶ビールを開け、尾瀬のパンフを見ていると、スッと車内の明かりが消えた。AM0:55だった。●早朝沼山峠着。携帯は圏外 翌朝、車内アナウンスで目が覚めた。AM3:55。明かりもつく。終点の会津高原尾瀬口駅だ。辺りは真っ暗。外に出ると、コオロギの声が飛び込んできた。 ここから沼山峠まではバスの旅。AM4:25発の観光バスは、桧枝岐村、御池ロッジを経由してAM6に沼山峠に着いた。途中の気温表示は15度。薄手のジャンパーを羽織る...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



百名山 温泉紀行(1)会津・那須の名峰(安達太良山・磐梯山・会津駒ケ岳・那須岳)【YD1-32】=...





スポンサーサイト

2007年09月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< マスコミ速報-世襲議員の安易な権力の継承がいつまでも許されるのだろうか。 | 兵庫県 新聞速報TOP | 毎日新聞特報-<移動支局>ジェラール氏がリサイタル 「しんゆり」閉局 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。