スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

毎日新聞速報-毎日新聞の新サイト「毎日jp」の発表会でさらし者にされてみました

本土空襲を阻止せよ!


10月1日にオープンする毎日新聞の新総合情報サイト「毎日jp」の発表会に招待されたので行ってきました。

毎日新聞と言えば、2007年元旦の一面から「ネット君臨」と題して大々的に2ちゃんねるを猛烈に批判する偏向記事と言われても仕方ないような記事を掲載、結論ありきの取材であったことも判明し、その後もネットのネガティブな側面を強調しまくり、ついには「既存メディアがいかにインターネットを脅威としてとらえているか」という事実を露骨に白日の下にさらけ出し、既存マスコミが世論をリードして啓蒙するという時代が終わる予感を感じさせてくれました。

今回の発表会はメディア各社に限らず、ネット上で活躍中のブロガー、ジャーナリストなどにも広く案内されているらしいのですが、果たして通常の記者以外の人種は平日日中にもかかわらず来ているのでしょうか?あれだけ猛烈にネットを批判した毎日新聞は一体、どのようなニュースサイトをネット上に作り出していくつもりなのでしょうか?

というわけで、テレビなどでは報道されない気になる詳細は以下の通り。






まずは前提知識、毎日新聞はもともと1995年8月からニュースサイトを開設しており、さらに2004年の4月5日からマイクロソフトと手を組み、「Mainichi INTERACTIVE」と「MSNニュース」を統合した「MSN毎日インタラクティブ」というのを運営していました。

ところがマイクロソフトと産経新聞が「Sankei Web」とMSNを統合した新サイト「MSN産経ニュース」を10月1日に開設すると発表...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



☆ みんなのマルチメディア年鑑 毎日新聞報道写真 2000





スポンサーサイト

2007年09月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 毎日新聞特報-毎日新聞、ブログ連携などを重視した新サイトを開設へ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県 いじめ 自殺でこんなことが:同級生2人は催促メール送信 神戸高3自殺 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。