スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:捜索訓練:“被災者”見つけた 大規模地震を想定、府警警察犬など20匹 /大阪

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000199-mailo-l27
 府警の警察犬と嘱託犬合同の被災者捜索訓練が18日、兵庫県三木市志染町御坂の県広域防災センターであった。
 犬は人間の3000~6000倍のきゅう覚を持つとされ、汗のにおいや気配から、隠れている人間の存在を感じ取るという。訓練に参加したのは警察犬5匹と嘱託犬15匹。





大規模地震を想定し、発煙筒をたくなど実際の災害に近い雰囲気の中、府警の鑑識課員に率いられた警察犬は、がれきの山を動き回り、閉じこめられた“被災者”を見つける度にほえて合図した。
 警察犬の主な役割は犯人の追跡や凶器の発見、行方不明者の捜索など。災害で出動した例はないが、いつでも出られるよう訓練しているという。
 南野伸一・鑑識課長は「いろいろ経験を積むのはいいこと。来年以降も実施したい」と話している。【小林慎】

9月19日朝刊


セレクト10000ミックス系アレンジメント





スポンサーサイト

2007年09月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新追突の被害者、アルコール検知が嫌で高架橋から飛び降り | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:丹波ガールズ、男子と初対戦へ 硬式野球大会で「力強いプレーを」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。