スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:<植村賞>清掃登山「自分に何ができるかと考えた」野口さん

BUFFALO バッファロー Air Station WBR-G54 ジャンク ルーター
 昨年5月にエベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)に中国側から登頂した登山家の野口健さん(34)が12日、07年の植村直己冒険賞に選ばれた。この日は植村さんの誕生日。野口さんは高校1年の時に植村さんの著書「青春を山に賭けて」を読んだのを機に登山を始めたという。植村さんの出身校、明大の紫紺館(東京都千代田区)であった会見で「植村さんの存在が僕の人生を大きく変えた」と感無量の面持ちだった。

 野口さんは米国ボストン生まれ。25歳だった99年5月、ネパール側からエベレストに登り、7大陸最高峰世界最年少登頂記録(当時)を達成した。だが、97年5月に中国側から登ろうとして撤退したことがあり、「エベレストはネパール側と中国側で全然違う。





登頂しても100%満足できなかった」という。昨年4月からエベレストの清掃活動を行いながら登頂を果たした。

 00年に清掃活動を始めたのは「ゴミがすごく、自分に何ができるかと考えた」からで、その後は富士山でも実施。「エベレスト清掃登山は00~03年は1回当たり約3トンのゴミを集めたが、昨年は約500キロと少なく、活動の成果が表れた」と喜ぶ。地球温暖化防止の活動などにも取り組んでいる。

 選考委員の西木正明さん(作家)は「受賞理由の一つは『継続』で、清掃登山を始めた時から受賞の有力候補だった。山に登る、自然と遊ぶには義務があるということを人々に発信した」と評価している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



 ビオフェルミン健胃消化薬錠 160錠★税込3150円以上で送料無料★





スポンサーサイト

2008年02月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

<< 兵庫県<幼児虐待>夫の連れ子を殴打暴行 28歳義母逮捕 兵庫 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:<植村賞>登山家の野口さんが受賞…「賞に恥じない活動を」 >>

経営コンサルタントとは、顧客企業の経営相談に乗って、問題解決の支援をする仕事 http://gap.misterblackband.com/

2008年11月23日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。