スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:【発掘進む幻の丹波竜】出るか?骨格全身

ホワイトデー 特集 2008大好きなあの方・愛するあの方へご予算\1,000~\2,000WDミニセット 3入...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080211-00000925-san-soci
 「丹波竜」。兵庫県丹波市の河原で化石が発見され、発見地にちなんで名付けられた恐竜が、「タンバリュウ」になろうとしている。


 昨年秋からの2次調査で見つかった坐骨などから新種の可能性が浮上、白亜紀前期(1億4000万年-1億2000万年前)の全身骨格がそろえば世界クラスの大発見、地球史上最大の生物と言われる草食恐竜・ティタノサウルス形類の進化の過程を解き明かせる、かも知れない-世界中の注目を集める世紀の発掘事業はこれからも続く。

・ 【丹波竜】関連フォト

 発見したのはアマチュア研究家の足立洌(きよし)さんと、村上茂さん。





平成18年夏のことだった。19年1月の記者会見で2人は「大変興奮しています」と発見の経緯を語った。「動物の化石?」「恐竜では?」。懸命に掘り起こした。

 持ち込まれた兵庫県立人と自然の博物館(三田市)も驚いた。そしてすぐさま調査が始まった。平成19年1月25日~3月末に行われた第1次調査では、肋骨1点と尾の先端部にあたる尾椎2点、血道弓(尾の骨の一部で)3点、椎骨などが見つかった。状態がよく、すでに全身骨格への期待は高まっていた。

 そして今回の発見で、坐骨の形などから新種の可能性が出てきた。新種なら、「タンバ」がその学名に冠されることも夢ではない。

 過去2回の調査範囲は、丹波竜が埋もれていると見られるエリアの3分の1程度に過ぎない。恐竜は、背中を反らせたような形で化石になっているとみられており、次の発掘でどの部分が見つかるか、期待は高まっている...

ニュースの続きを読む



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎コーヒー】マンデリン...





スポンサーサイト

2008年02月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

<< 兵庫県最新◎密封袋、内側からも殺虫剤=製造工程で混入可能性強まる-中国ギョーザ・兵庫県警 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:<センバツ>谷村新司さんが自曲披露 開会式記念イベントで >>

医師は、医術を通じて人々の健康を守る http://lackadaisical.rcrane4law.com/

2008年12月03日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。