スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県第80回センバツ高校野球:県勢2校に春切符(その1) /神奈川

【ポイント2倍】≪≪結婚・出産のお祝いに一番人気≫≫レースのような花びらが、幸せを呼びます...
 ◇目標高く全国制覇
 第80回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、横浜と慶応が選ばれた。横浜は2年ぶり12回目、慶応は3年ぶり7回目。県勢のダブル出場は2年ぶり10回目。両校とも目標は高く、全国制覇を誓った。組み合わせ抽選会は3月14日にあり、同22日から13日間、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、紫紺の大優勝旗を目指した熱い戦いが繰り広げられる。【杉埜水脈、梅田麻衣子、中島和哉】
 ◆横浜・2年ぶり12回目
 ◇吉報に選手ら決意新た
 「春はセンバツから」――。





12回目の吉報は午後3時20分ころ、届いた。横浜市金沢区の横浜高2階の校長室。ワンコールで平野伸夫校長が受話器を取り、「ありがとうございます。謹んでお受け致します」と笑顔で応じた。渡辺元智監督、小倉清一郎部長と握手し、校庭へ向かった。
 寒風が吹き付ける校庭で待っていた部員63人に、渡辺監督は「関東代表としての責任を持ってほしい」。「はい!」。張りのある声が、乾いた空気を揺らした。小川健太主将(2年)は「ずっと甲子園を目標に頑張ってきた。行くからには全国制覇を目指したい」と表情を引き締めた。
 報道カメラマンが「お祝いだから、喜んでね」とリクエストすると、部員たちはようやく笑顔を見せて、校庭を勢いよく駆けた。
 校庭から徒歩約15分の室内練習場では、父母会が祝賀会を用意していた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



弥奈刀屋 須磨好み 袋





スポンサーサイト

2008年01月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県将棋:王将杯争奪大会 小学生や女性も熱い対局--彦根プリンスホテル /滋賀 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:第80回センバツ高校野球:宇都宮南、22年ぶり2回目の選出(その1) /栃木 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。