スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-[尼崎公害訴訟]和解後も原告54人が死亡

【買えば買うほど、どんどんお得に!★復活限定品!】クーペルスベーグル スパイシーブラックペ...
 兵庫県尼崎市の公害病認定患者らが起こした「尼崎公害訴訟」の原告だった498人のうち、約4割の195人が死亡したことが分かった。患者側が国や旧阪神高速道路公団と和解した00年以降の死者は54人に上る。和解から7年たった今も和解条項に盛り込まれた改善策は具体化しておらず、元原告らは「私たちが死ぬのを待っているのではないか」と批判している。 「尼崎公害患者・家族の会」(松光子会長)が昨年末、和解後初めて集計した。195人の中には、原告死亡により訴訟を承継した5人も含まれるという。高齢化は顕著になっており、同市全体でも、公害病と認定された1万1208人のうち3679人が死亡したことが既に判明している。





 元原告らは、国道43号と阪神高速3号神戸線の排ガスなどでぜんそくなど健康被害を受けたとして88年と95年に提訴。和解条項には、大型車を海寄りの5号湾岸線に低料金で誘導する「環境ロードプライシング」の早期の試行的実施や、国道43号と阪高神戸線の「大型車の通行規制検討」が盛り込まれたが、通行規制は実現していない。 夫婦で原告だった同市の女性(80)は、92年に肺気腫などで夫(当時64歳)を亡くし、自身もぜんそくのため毎日通院する。夫は入退院を繰り返し、息ができない苦しみにもだえながら死んでいったという。女性は「和解後に友人もたくさん死んだ。国と阪高は私たちが死ぬのを待っているようだ」と怒る。 また、患者・家族の会の松会長は「なぜこんなに解決に時間がかかるのか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



New !!おひさまいろの花の中 WH





スポンサーサイト

2008年01月26日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

<< 兵庫県:国外逃亡を助けた大学生逮捕 船橋の強盗殺人 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-大阪天満宮「鷽替神事」に400人が参加 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://hyougokennews.blog117.fc2.com/tb.php/1467-5b43e0d6

【公害病】についての検索結果をリンク集にして…

公害病 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

2008年01月28日 あらかじめサーチ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。