スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:尼崎の「赤ひげ」先生 死去1年 ぜんそく患者ら27日にしのぶ会

【パロマ】ガスコンロ/ガステーブルKM-601FA-R都市ガス用
 ■「公害ない街」実現誓う

 兵庫県尼崎市の国道43号沿線に野村医院を開業し、大気汚染公害に苦しむ住民らを半世紀にわたって診察してきた野村和夫医師が79歳で亡くなって24日で1年を迎える。ぜんそく患者らのために深夜、休日を問わず治療を受け付けたことから、山本周五郎の小説になぞらえ「尼の赤ひげ」と呼ばれて親しまれていた。患者らが27日、同市内のホテルでしのぶ会を開き、赤ひげ先生の死を悼む。

 昨年1月24日に食道がんで亡くなった野村医師は松江市出身で、米子医専(現鳥取大)を卒業後、昭和29年に尼崎市内に野村医院を開業した。

 医院があった同市南部地域は、高度成長期は工場からの煤煙(ばいえん)などで深刻な大気汚染が広がり、そのうえ国道43号、阪神高速神戸線の自動車排ガスが住民の健康に影響を及ぼしてきた。







 野村医院にも昭和40~50年代、多いときで1日約400人の患者が詰めかけ、診療にあたった。ぜんそくの発作は前ぶれなく突然起きるため、患者が通院できるようにと夜遅くまで、土日も休みなく開業。亡くなる数年前に一線を退いた。

 病院職員の笠井裕美さん(41)は「患者から苦しいと電話があれば、深夜でもタクシーで患者の自宅まで駆けつけ、診療にあたっていた」と振り返る。

 患者らが中心になって昭和63年に起こした尼崎公害訴訟も全面的に支援した。原告らが平成10年11月、訴えた企業の前で座り込みをした際も、看護師とともにテントで仮診療所をつくり、患者の体調を気遣った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



【タイガー】5.5合IHジャーJKC-J100H





スポンサーサイト

2008年01月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:<阪神>新井が自主トレ公開…初打ちも披露「感触まあまあ」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-市幹部逮捕:福知山市役所に家宅捜索 職員や市民表情硬く >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。